ピップエレキバンの効き方

磁気のパワーで血行改善!

ピップエレキバンの働き

人の身体には、磁気に反応する性質が備わっています。
ピップでは、磁気が血管の内側にある内皮細胞に働きかけて、血管拡張物質「NO(一酸化窒素)」の合成を促進すると考えています。
この物質の働きで血管が徐々に拡がり、血行を改善していきます。

1 磁気が体内に働きかける
ピップでは、磁気が血管の内側にある内皮細胞に働きかけて、
血管拡張物質「NO(一酸化窒素)」の合成を促進すると考える。
2 血行を良くし、老廃物を流す
血管が徐々に拡がり、血行を改善することで
しつこいコリもほぐれていく。
3 コリに効く!
老廃物を流す

貼った瞬間からコリに効く

コリに伝わる磁気の作用

ピップエレキバンは、磁気が貼った瞬間からコリのある部位に作用し始めます。ヒリヒリ感やひんやり感といった皮ふへの刺激はありません。(※ピップエレキバンMは除く)刺激を感じることと効きめとは違います。

ピップエレキバン貼布後のサーモグラフィ
(貼布後3時間)

ピップエレキバン貼布後のサーモグラフィ(貼布後3時間)

※使用中のイメージ

POINT

貼っている間中、磁気がずっと効く! だから2日~5日間貼るのがおすすめ!

あなたにおすすめのコンテンツ

コリに届く!磁気の働き

筋肉 血管 老廃物

コリに届く!磁気の働き

ピップエレキバンの磁気は、体内成分に働きかけて筋肉内の血行を良くし「老廃物」を流すことでコリの悪循環にアプローチしコリをほぐします。

ご購入はこちらから